2016年02月25日

はぶらし/女友だち 〜最終回〜

1月5日から始まり、2月23日で全8回が終了。

23:15〜の30分ドラマ
NHK BSプレミアム
毎週火曜
出演:内田有紀 池脇千鶴


見始めた頃は、全8回で、さっくり終わって良いなぁと思ってたけど、
いざ終わっちゃうと、もっと見たかったって感じ。
勝手だね〜^_^;

最終回の感想なのでネタバレしてます。ご注意を。

最終回前までは、池脇ちーちゃんの胸くそ悪くなる、
人として、何とも言えないいや〜な感じが非常に良く出てる演技でした。
私だったら、内田有紀みたいに長々居座らせない!絶対!!
って何度イライラしたことか💢

でも最終回では、
ちーちゃんの、思う通りにいかない現状を生きている感じに、
少し共感してしまう部分がありました。

誰だって一度は思う事があるんじゃないかな。
「あたしの人生、こんなはずじゃなかった‥」って。

そんな状況で、一番悲惨なのはやっぱり子供なのかね。
母親が泥棒まがいのことして、親の醜いところ見せられてしまったり、
父親が母親に暴力を振るわれる姿を見るのは、幼ごころに辛かろう。

もし自分が、日常的に旦那に暴力を振るわれたとしたら。
殺意を抱かずにはいられないだろうと思う。
実際に殺しを試みるorその結果死ぬ死なないは別として。


内田有紀の側で、そっと寄り添ってサポートしてくれる
灘さん(金子ノブアキ)との関係というか距離感が、なんとも絶妙だった。
いいなぁ〜(T_T)

人ひとり自分の生活に入るだけで、これだけ崩れていく。
相手や自分によって、状況は悪くもなれば良くもなる。
人間関係の作用、影響力ってやっぱり大きいなぁ〜。
改めて、自分以外の人間と生活をすることの難しさを感じるわ。
ヒトリグラシレキ ナガイカラサ-😅

内田有紀のセリフで
「私の新しい夢は、60歳までに結婚する」
ってのがあって(>_<)・・・身につまされる思い💧
アタシモ ソノユメ ノッカロ-カナ-


バタバタ締めくくった感はあるけれど、
楽しめました。全8回。


余談ですが、「ナオミとカナコ」でDV夫を演じている佐藤隆太よりも、
「はぶらし」の岡田義徳の方が、DVの凄みが感じられたな。
私としては。


バイバイ。いな子でした〜(^-^)/


スポンサードリンク




posted by いな子 at 10:05 | Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。